Back to top
虫歯について

虫歯の痛み

thinking businessman
虫歯というと「痛み」で気が付くイメージがありますよね。
実はこの痛みは、虫歯が進行してしまうと治療の際にも強くなることが一般的です。
「痛くない虫歯治療」を受けたいのであれば、
痛みに気が付いたらすぐに病院に行くことが大切です。

勿論虫歯の治療の「痛み」のイメージを取るために、
様々な治療法を採用しているクリニックも沢山あります。
「無痛治療」にも様々な種類があります。
麻酔の方法から使用する針の細さ、どんな麻酔を利用するのか…。
虫歯の進行が進んでしまい神経に達してしまうと、
効果の高い麻酔でないと治療の痛みを強く感じることも多いです。
勿論効果の高い麻酔は全身管理が必須。
患者さんの状態を管理することの出来るきちんとした施設や病院で受けることも大切です。
「痛くない」ことに拘るのであれば、
近所のクリニックで診てもらって、紹介状を貰い総合病院へ行く選択肢もあります。

虫歯が進行してしまいまた複数の歯になってしまうと、一度に全部を治療することは不可能です。
期間が長くなってしまいますし、
なにより治療の際の痛みで通院を断念してしまうケースも。
放置して悪化してしまい更に治療で痛みを感じる悪循環。
痛みを解消する為には、無痛治療の選択も勿論ですが、
治療法に納得して医師との信頼関係を築くことも大切です。
「痛いのは治療法のせい」や「医師とあわない」と感じたままの治療では、
身体がこわばってしまい恐怖感が先立ってしまいます。

治療を放置してしまった自分が悪いことをまず自覚しましょう。
そして自分にあったクリニックを探します。
勿論探している間もどんどん虫歯は進行していきます。
歯科に対する恐怖心が強い方も多いですが、虫歯は待ってはくれません。
虫歯に気が付いたらすぐに受診をすることが痛みのない治療への一番の近道です。