Back to top
虫歯について

虫歯と口臭の関係

Young Girl (13-14) Holding Her Nose at the Dinner Table
「口臭」って中々自分では気が付きにくい物ですよね。
そんな口臭が実は虫歯が原因になっていることも多いのです。
「ちょっと痛みを感じるけどまだ我慢できる」と、虫歯を放置している方も多いと思います。

「口臭が気になりはじめていくらケアしても改善されない」経験はありませんか?
虫歯が原因の口臭は、もちろん虫歯を治療しないと改善されません。

また口臭は「ブラッシングができていない」といった理由でも起こります。
歯並びが悪かったり、間違ったブラッシング法をしていると、食べかすや歯垢が付着して口臭の原因になってしまいます。
これは虫歯がある方に共通する理由の1つでもあります。
虫歯で空いてしまった穴に食べかすが詰まって口臭の原因になることも。
正しいブラッシングを心がけることで、虫歯の予防を口臭の改善をすることが出来ます。

勿論口臭の原因は進行中の虫歯だけではありません。
治療が終わった虫歯の詰め物。
噛みあわせに合っていないために食べかすが詰まってしまうことがあります。
そして歯磨きをきちんと行っているけれども、舌の掃除をしている方って少ないのではないでしょうか。
舌も歯と同様に口臭の原因になることが多いです。

定期検診で虫歯予防をしましょう!

磨き残しをなくす舌専用のブラシが市販されているので、定期的に綺麗にすることを心がけましょう。

正しいブラッシングの方法や、歯ブラシの選び方はクリニックで指導を受けることが出来ます。
虫歯が今ないとしても定期的に健診を受け、ブラッシングの方法などを確認することは虫歯予防の為にも非常に大切です。
今虫歯がないからといって口臭が気になってもクリニックへ行かない方も多いですが、口臭があると言うことは歯周病などの虫歯以外のトラブルがある可能性も。
定期的に健診を受けることで早期発見をすることが出来ます。