Back to top
親知らず(智歯)の痛み

about About Wisdom teeth

親知らず(智歯)の痛み

Wisdom teeth pain

萌出(ほうしゅつ)とは、歯が生えることです。 親知らずの萌出時には痛みが伴います。歯肉の外に出ようとして、歯肉を押し裂く痛みです。 いちばん奥の歯として、生える空隙に余裕があれば、歯肉を圧迫する断続的な痛みだけなので、親知らずが外に出たら解消されます。 問題は、生える空隙が乏しいのに生えようとする場合です。隣の歯を圧迫し、無理やり外に出ようとするので、さらに痛みが強くなります。 また、唐突に口腔内の奥で痛みが起こる時点では、親知らずはまだ姿を現していない状態なので、痛みの原因に戸惑い、虫歯かもと疑うのが一般的です。

歯科医院でのレントゲン撮影で痛みの原因を確かめ、親知らずだと分かれば、歯の萌出の角度や、隣の歯との関係を診断します。 その結果、隣の歯への圧迫が酷い場合は、親知らずの抜歯になります。

萌出後の痛みとしては、虫歯があります。生える角度が悪いと、隣の歯との複雑な隙間ができて、歯のお手入れが難しくなる場合もあります。プラークが隙間に溜まりやすくなり、やがて虫歯になれば痛みます。 他の歯と同様の虫歯治療になりますが、親知らずの場合、生え方によっては治療が困難な場合も少なくありません。

また、智歯周囲炎の痛みがあります。智歯とは親知らずのことで、その周囲組織での炎症全般を指します。 歯周病と同じような症状で、最初は自覚症状少なく、やがて痛みと腫れと膿が出てきます。さらに進行すると、激痛と腫れで口が開かなくなったり、発熱、倦怠感に悩まされます。 治療としては炎症の消毒、抗生物質、鎮痛剤の服用が主で、炎症が治まったら、その後、抜歯をします。

智歯周囲炎は恐い病気です。炎症を放置したり、処置が甘いと、重症化する場合があります。炎症が口腔内から顎下部、頸部、胸部へとどんどん広がり、死に至る場合もあるので、最善の治療が必要です。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

セラミック治療