渋谷区宮益坂の歯科|歯医者 入れ歯,インプラント,審美歯科,
ホワイトニング,小児歯科,口腔外科,矯正歯科

TEL

土日も診療可能! 平日夜21時まで診療
平日 10:00~21:00 土・日 10:00~18:30

03-3407-8503 月 - 金:10:00-13:30 / 15:00-21:00
土・日:10:00-13:30 / 14:30-18:30休診日 祝祭日のみ
初診のご予約 お問い合わせはこちら

親知らず(智歯)の隣の歯への影響

渋谷駅から
徒歩1分

親知らずの隣の歯への影響は、個々様々な状況があるため、列挙しきれないのですが、共通項があるとすれば、親知らずが生えて来なければ、問題は発生しなかったということです。

もちろん他の歯と同様の生え方で、隣の歯を圧迫していない親知らずの場合は、特別な問題は起こりません。

問題は、何らかの形で、隣の歯の邪魔をしている場合や、親知らずの抜歯によってはじめて影響が出る場合です。

例えば、親知らずが斜めに生えてきて、隣の歯が押されて傾くことがあります。

生え方が悪いと、歯並びが乱れ、隣の歯との複雑な隙間ができて、食べ滓が詰まりやすくなります。

毎日歯磨きしていても、歯ブラシや歯間ブラシが届かず、汚れが溜まってプラークができ、細菌が繁殖し、やがて虫歯になります。

親知らずと複雑な隙間を共有している隣の歯も同時に虫歯に侵されます。

水平埋伏知歯が隣の歯を歯根吸収する場合があります。

歯根吸収とは、歯根が溶かされてしまうことですが、例えば、1本の歯には2本の歯根があり、そのうち1本の歯根が横倒しの親知らずと合体融合してしまうような状況です。

親知らずだけを抜歯したいけれど、隣の歯も半分、または全部抜歯しなければならないから、親知らずの抜歯を断念するという選択もあります。

抜歯しないという選択肢があればいいですが、親知らずに炎症が起こり、どうしても抜歯の必要が生じた場合は、隣の歯にも影響します。

親知らずを抜歯したら、隣の歯が冷たい物、熱い物で沁みるようになる知覚過敏が起こる場合。

アクセス ACCESS

〒 150-0002
東京都渋谷区渋谷1-14-9 藤和宮益坂ビル6F

  • JR 渋谷駅
    東急東横線 渋谷駅 【東口 徒歩1分】
  • TEL 03-3407-8503

診療カレンダー CALENDER