Back to top
親知らず(智歯)の虫歯

親知らず(智歯)の虫歯 

親知らずが虫歯になった場合、抜歯したほうがいいのか、しなくてもいいのかという問題があります。

一般的な考え方として、親知らずを抜歯しなくてもいいとする場合、いくつかの条件があります。

親知らずが歯肉に対して垂直に生えていて、毎日のお手入れが行き届いていて、上と下の親知らずの噛み合わせに問題が生じていない、これらの条件が揃えば、敢えて抜歯しなくてもいいと判断できます。

しかし、隣の歯との隙間が複雑で、歯磨きがしづらく、食べカスがどうしても詰まって、丁寧なお手入れが難しい場合や、噛み合わせが悪い場合は、抜歯をお勧めしています。

虫歯の治療だけをして、歯を残すことはできますが、きちんと歯磨きできない歯並びの場合、虫歯がまた再発する可能性が高くなります。

虫歯が表面のエナメル質を浸食し、さらに奥の象牙質に穴をあけて、知覚過敏、痛み、腫れの症状が出る頃になると、蝕まれた部分をかなり削る治療になります。

また、その状態からさらに放置して虫歯が進行し、奥の歯髄(神経と血管がある歯の中央部)に達する頃には、黒い大きな穴があいています。

また、その状態からさらに放置して虫歯が進行し、奥の歯髄(神経と血管がある歯の中央部)に達する頃には、黒い大きな穴があいています。

虫歯が直接神経に触れることで痛みも激しくなり、神経を抜く治療を行います。

その後は抜歯になりますが、歯はすでにぼろぼろで、頭の部分は無く、歯の根だけが残っています。

通常の抜歯は、歯を器具でつかんで、引き抜きます。しかし、虫歯が進行して歯の頭がないと、歯をつかむことができません。

それで、歯肉を切開して、骨を削りつつ、残った歯の根を引き抜く、大掛かりな治療になります。

親知らずの抜歯は、歯の生え方によっては、虫歯ではない状態でも、困難な場合もあります。

虫歯の場合は、放置すればするほど、抜歯の難易度が上がります。

ですから、親知らずが虫歯になった場合は、できるだけ早期に治療することをお勧めします。

その上で、抜歯が必要か否かを、担当医とご相談ください。