Back to top
親知らず(智歯)の注意点

親知らず(智歯)の注意点

親知らずの抜歯の前後で注意しなければならない点を列挙します。

抜歯当日まで、体調を整えておいてください。

服用している薬がある場合は、予め担当医に報告の上、ご相談ください。

抜歯前の食事は数時間前までに済ませましょう。

その他は普段通りで、リラックスして抜歯に備えましょう。

抜歯後、出血が止まらない場合は、ガーゼか、濡らしたティッシュを20分程度噛んでください。

殆どはそれで止まります。

 
wisdom teeth attention1日から2日間、うがいはしないでください。抜歯した凹みに血餅(血の塊り)ができて、それがあるおかげで、痛みが和らぎ、細菌の感染リスクも低くなります。

うがいをすると、その血餅が流れ出してしまう恐れがあります。

また、その箇所の歯磨きも控えてください。

食べ物も、抜歯の反対側の歯で食べるようにしてください。できるだけ血餅に食べ物が触れないように注意してください。

過剰に恐がる必要はありません。できる範囲の注意で大丈夫です。

抜歯後の最初の食事は、麻酔が切れてからにしましょう。

麻酔が残っていると、口の中を噛んで傷付ける場合もあります。

食事内容は、刺激物を避けましょう。また、飲酒、喫煙は控えましょう。

 

激しい運動は控えましょう。

入浴は短い時間、またはシャワー程度にしましょう。

身体を温めすぎると、血行がよくなって出血しやすくなり、また、痛みが増す場合があります。

鎮痛剤は痛みが出たら服用しましょう。

抗生剤は化膿止めなので、処方された日数分はかならず服用してください。

抗生物質は規則的に連続して服用することに意味がある薬です。

但し、薬が身体に合わないと感じたら、服用を控えて、担当医に連絡してください。

腫れることがあります。腫れて熱を持っている場合は保冷剤等で冷やしてください。

でも、冷やしすぎると、傷口の回復が遅れます。通常、腫れは数日間続き、その後は引いていきます。