Back to top
親知らず(智歯)抜歯後の後遺症

親知らず(智歯)抜歯後の後遺症

親知らずの抜歯後、痛みや腫れはあります。

鎮痛剤や抗生物質を服用しながら、個人差ありますが、たいていは数日から1週間程度で解消されます。

wisdom teeth aftermath稀に長期に渡って改善されない場合があります。

それを抜歯後の後遺症と呼びます。

主な後遺症を列挙してみますと、長期の痛みや腫れ、麻痺、しびれ、知覚過敏、開口障害、味覚の異常、等です。

患部の痛みや腫れが消えないのは、例えば、抜歯後の穴に食べ滓が入り、細菌が繁殖して炎症が起こっている可能性があります。

抜歯後の穴には、細菌感染からの自己防衛的な働きで、血餅(血の塊り)が溜まり、凝固し、蓋ができます。

その血餅の部分をうっかり歯磨きしてしまうと剥がれ落ち、また、うがいをすることで流れ出してしまうこともあります。

血餅がなくなると、穴の内部の傷口が剥き出しになり、細菌感染を引き起こしやすくなります。

炎症が酷い場合は、激しい痛みと膿が出て、患部の歯茎の腫れだけでなく、片側の下顎全体に広がり、顔が変形する場合もあります。

また、神経が傷付くことで、麻痺やしびれの後遺症になる場合があります。

口を開きにくい障害や味覚の異常、麻痺を伴い、食欲不振に陥ったりします。

抜歯前の親知らずの位置が神経に触れていて、抜歯のときに神経を傷めてしまう場合は、医師の経験および技量不足と言わざるを得ません。

後遺症のリスクを考えたら、確かな医師選びが必要です。

懇意の知人の紹介や、口コミの評判を参考にしながら、実際に歯科医院を訪れて疑問や不安を率直に投げかけ、懇切丁寧に納得のいく対応等から、信頼できる医師を選ぶ、そういう積極的な姿勢も必要です。

抜歯を検討されていて、お悩みのある方は、是非、当院にご相談ください。

後遺症に関する不安を解消できるよう、尽力いたします。