Back to top
ホワイトニングが及ぼす影響

ホワイトニングが及ぼす影響

白く整った歯は、口元の印象を良くします。

健康的で若々しい感じがするので、好感度を高める効果もあります。

アメリカでは20年程前からホワイトニングが行われており、身だしなみを整えるような感覚で一般に浸透しています。

最近では、日本でも歯科矯正やホワイトニングをする人が増えて来ました。

歯は人によって、様々な色をしています。

何もしていなくても美しい白い歯の人もいますが、一般的には、加齢によって歯の色が変色してしまいます。

このような場合には、ホワイトニングを利用すると若い頃の白い歯へ戻す事ができます。

歯が白く綺麗な色になると若々しさを感じさせるので、気持ちも若返る効果があります。

 

変色の原因によっては、ホワイトニング方法も変わってくるので、歯の色が気になる人は歯科医師に相談してみましょう。

また歯の色を気にして削ったり、自己流のホワイトニングを試す事は大変危険なので止めましょう。

 

ホワイトニング効果を長く維持する為には、注意すべき点があります。

歯は色が染まる性質をもっているので、濃い色には着色してしまいます。

例えば、コーヒーや紅茶、赤ワインなどは着色しやすく、喫煙でも歯の汚れが付いてしまいます。

このように生活習慣や加齢によって、ホワイトニング効果の持続性も異なってくるので、変色が気になった時は、歯科医師に相談してみましょう。

定期的なメンテナンスとしてホワイトニング行えば、また白い歯に戻ります。

ホワイトニング効果を維持する為に、歯科医院で勧めるホワイトニング剤配合の歯磨き粉を使用する方法もあります。

このように日常的なメンテナンスも可能なので、上手に利用してみましょう。

 

変色の原因や、歯の状態によってはホワイトニング方法も異なります。

歯科医師の診断を受け、効果的なホワイトニングを行いましょう。