Back to top
オフィスホワイトニングについて

オフィスホワイトニングについて

ホワイトニングでは、薬剤で歯を漂白する方法が一般的です。

歯を漂白する為に使用する薬は、安全性と効果が認められている漂白剤です。

家庭用の漂白剤とは異なるものなので、誤解しないように注意しましょう。

ホワイトニングでは、オフィスホワイトニングと呼ばれる方法と、ホームホワイトニングと呼ばれる方法があります。

一般的に、オフィスホワイトニングは歯科医院で行い、ホームホワイトニングは自宅で行います。

着色の原因にもよりますが、基本的には生活スタイルや要望に合わせて選べます。

オフィスホワイトニングは、高濃度の漂白剤を使用します。
高濃度といっても歯に優しく、歯質を傷めません。

もちろん安全性も認められています。

ホームホワイトニング用の薬剤と比較すると、高濃度の漂白剤を使用するという意味なので身体には安全です。

オフィスホワイトニングでは、まず歯科医師によって歯の現状を確認し、着色の原因を診断します。

次に歯肉を保護して、歯に薬を塗り、理想とする歯の白さになるように漂白をします。

オフィスホワイトニングは、1回のホワイトニングで効果が期待できるので、期間短縮になります。
即効性があり、その場で歯の白さを感じる事も可能です。

しかし歯のエナメル質が薄いケースでは、1回のホワイトニングで期待する白さが感じられない場合があります。

また強度の変色には向かない場合もあり、このような場合には、ホームホワイトニングと併用します。

歯の詰め物やクラウンには反応を示さないので、理想的な白さになった後、全体的な歯の色を合わせるように治すと、より完成度の高い口元に仕上げられます。