Back to top
歯周病の症状

歯周病の症状

perio symptom

歯周病は口内の様々な症状を引き起こしますが、一般的に2段階に分かれ症状が進行していきます。

まず、歯周病に感染後の初期症状として現れるのが歯肉炎です。歯肉炎は歯周病菌により侵食された歯茎が炎症を起こし、腫れや歯磨き時の出血の原因となります。

歯肉炎を発症した時点では、歯茎以外の歯周組織はあまり侵食されておらず、歯のぐらつきや強い痛みなどの自覚症状が現れにくいことが特徴です。
そのため、歯肉炎になった状態を放置してしまうケースが多く、より重大な症状へと悪化してしまうことにつながります。
この歯肉炎の段階で、歯周病に気付くことができれば非常に高い確率で完治することが可能と言われています。

歯肉炎を長期に渡って放置し続けると、次第に歯茎以外の歯周組織にも感染が広がり、歯周炎となります。
歯周炎を発症すると、歯肉炎の症状に加え、歯の位置がズレたり歯がぐらつく、最悪のケースでは歯が抜け落ちるといった症状を引き起こします。

歯周炎は、軽度・中度・重度と分けることもあり、軽度の段階であれば歯肉炎同様、完治させることは比較的容易であると言われています。
その反面、重度まで進行してしまった歯周炎の完治は、非常に困難であることが現状です。
また、重度の歯周炎となった場合、歯肉炎や軽度の歯周炎に比べ、頻繁な通院、日常的に多くのケアなどを行う必要があるため、患者の負担も大きくなってしまいます。

こういった重篤なケースを防ぐために、定期的な診断や少しでも気になったらすぐに医師に相談するといった姿勢が重要となります。
加えて、日々の生活習慣や口内のケアを見直し、健康な歯を維持するような環境を整えていくことも重要です。