Back to top
歯周病と喫煙

about perio

歯周病と喫煙

 

perio smoking

歯周病のリスクファクターとして、喫煙が挙げられることを前に紹介しました。実際、喫煙は厚生労働書によって歯周病の二大危険因子と定められるほど、極めて歯周病と関係の深いとされています。あるデータでは、喫煙をする方は喫煙しない方に比べ、約3倍歯周病にかかりやすく、歯を失ってしまう確率も約2倍という結果も出ています。

 

では、なぜこれほどまでに喫煙が歯周病と密接に結びついているのでしょうか?また、歯周病にかかってしまった状態で喫煙を続けるとどういった悪影響を及ぼすでしょうか?以下では、こういった喫煙と歯周病にまつわる疑問にお答えしていきます。

 

まず、喫煙と歯周病の関係が深い理由ですが、これはタバコに含まれる様々な成分が口内や歯周組織へ悪影響を与えていることが原因です。例えば、一般的にも広く知られているニコチンは血管の正常な流れを阻害し、歯周組織を維持するための栄養や酸素の供給に害を及ぼします。

 

また、タバコに含まれる一酸化炭素も口内へ悪影響を与えています。一酸化炭素が口内で満たされると、ヘモグロビンと酸素の結合が阻害され、十分な酸素が口内に行き渡らず、栄養不足となり抵抗力の低下につながります。

 

その他、タバコに含まれる様々な害毒物質が、白血球の活動を阻害することも知られています。白血球が正常に活動できなくなると、プラークの増殖を防ぐ機能が低下し、口内に炎症が起きやすい状態を作ってしまいます。

 

このように、喫煙をすることによって、歯周病になりやすい体質を作り、既に歯周病になってしまっている方の歯周病を進行させてしまいます。そのため、歯周病を予防したい、歯周病を完治させたいと考えている方は必ず禁煙をすることが望ましいと言えます。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

perio