Back to top
歯周病のリスク

about perio

歯周病のリスク

perio risk

歯周病の直接的な原因が食べ物のカスなどに含まれるプラークと呼ばれる細菌であることは、一般的にも広く知られています。しかし、歯周病を引き起こしやすくなる間接的なリスクファクターについては、あまり知られていません。この、間接的リスクファクターについて知っておくことで、歯周病に対する様々な対処を行うことができるようになります。

 

歯周病を引き起こすリスクファクターは大きく2つに分類することができます。1つは口内環境を要因とするもの、もう1つは生活習慣等、身体全体の要因になります。

 

口内環境によるリスクファクターは以下のようなものが挙げられます。

 

1.歯石

口内のケアを怠ることが原因で、唾液に含まれる成分が固まり歯石となります。歯石が生じると、プラークが付着しやすくなり、歯周病を引き起こす要因となります。

 

2.様々な癖

歯ぎしりや主に口で呼吸をする癖などを持つ人はそれが、歯周病の要因となります。例えば、歯ぎしりは歯周組織に過度な負担をかけてしまいます。口呼吸は、口内を乾燥させプラークが増える原因となり ます。

 

身体全体によるリスクファクターには、以下のようなものが挙げられます。

 

1.ストレス

精神的ストレスが原因となり、身体の抵抗力が低下することで歯周病の発症につながることがあります。

 

2.喫煙

タバコに含まれるニコチンが血管を収縮させ、血流の流れが悪くなることにより歯周病菌に対する抵抗力を弱める原因となります。

 

3.食習慣

糖質を多く含む食べ物や柔らかい食べ物を多く食べていると、歯周組織が弱まる原因となります。同時にプラークが増殖するする原因ともなるため、歯周病を引き起こす大きな要因となります。

 

このように、歯周病の間接的なリスクファクターには日常生活に関する様々なものがあります。そのため、日々の生活を送るなかで注意できる点は注意していくことが歯周病の予防につながると言えます。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

perio