Back to top
歯周病の予防

歯周病の予防

歯周病は歯の健康だけでなく、身体の健康にも悪影響を及ぼします。しかし、歯周病についてしっかりとした知識を持ち、予防策を講じることで感染するリスクを大幅に下げることができます。以下では、具体的な予防策を複数紹介していきますので、積極的に取り組んでいくようにしましょう。

 

歯周病を予防するために最も効果があるとされる方法は、口内を清潔に保つことです。特に、直接歯周病の原因となるプラークを除去し、歯周病の発症を抑えることをプラーク・コントロールと呼びます。しかし、プラークを除去することは想像以上に困難で、単に通常の歯磨きを毎日行なっているだけでは十分ではありません。

 

 

プラーク・コントロールを行うためには、歯間ブラシやデンタルフロスなど様々な歯を清潔に保つ道具が必要となります。
また、既に歯周病に感染してしまっている方は、自身でプラーク・コントロールを行うことが極めて困難ですので、医師に相談し、専門のプラーク除去治療を受けることが必要です。

 

また、歯周病の予防には日常生活・食習慣も大きく関係してきます。
例えば、糖分の高い食べ物ばかり摂取することでプラークの増殖につながりますし、ストレスの溜まりやすい生活を続けると身体の抵抗力を低下させ様々な病気につながります。
そのため、糖分の摂取を控え目にし、ストレスを溜め込みすぎない生活になるよう心掛けることで、歯周病の予防となります。

 

加えて、食事をする際、よく食べ物を噛むことが予防につながります。
人間は噛むという動作でよって、唾液を分泌します。
そして、唾液が口内の細菌を流すため、歯周病だけでなく、口臭や虫歯など様々な口内トラブルを防ぐことになるのです。
上記のように、歯周病及びその予防策について知識を持ち実行に移すことで、歯周病の多くを事前に防ぐことができます。

 

歯周病は歯の健康だけでなく、身体の健康にも悪影響を及ぼします。
しかし、歯周病についてしっかりとした知識を持ち、予防策を講じることで感染するリスクを大幅に下げることができます。
以下では、具体的な予防策を複数紹介していきますので、積極的に取り組んでいくようにしましょう。

 

歯周病を予防するために最も効果があるとされる方法は、口内を清潔に保つことです。
特に、直接歯周病の原因となるプラークを除去し、歯周病の発症を抑えることをプラーク・コントロールと呼びます。
しかし、プラークを除去することは想像以上に困難で、単に通常の歯磨きを毎日行なっているだけでは十分ではありません。

 

プラーク・コントロールを行うためには、歯間ブラシやデンタルフロスなど様々な歯を清潔に保つ道具が必要となります。
また、既に歯周病に感染してしまっている方は、自身でプラーク・コントロールを行うことが極めて困難ですので、医師に相談し、専門のプラーク除去治療を受けることが必要です。

 

また、歯周病の予防には日常生活・食習慣も大きく関係してきます。
例えば、糖分の高い食べ物ばかり摂取することでプラークの増殖につながりますし、ストレスの溜まりやすい生活を続けると身体の抵抗力を低下させ様々な病気につながります。
そのため、糖分の摂取を控え目にし、ストレスを溜め込みすぎない生活になるよう心掛けることで、歯周病の予防となります。

 

加えて、食事をする際、よく食べ物を噛むことが予防につながります。人間は噛むという動作でよって、唾液を分泌します。
そして、唾液が口内の細菌を流すため、歯周病だけでなく、口臭や虫歯など様々な口内トラブルを防ぐことになるのです。

 

上記のように、歯周病及びその予防策について知識を持ち実行に移すことで、歯周病の多くを事前に防ぐことができます。