Back to top
歯周病と糖尿病の関わり

about perio

歯周病と糖尿病の関わり

Sick Young Woman Lying in Bed

喫煙が歯周病の二大危険因子の1つであることを紹介しましたが、後1つの危険因子はなんでしょうか?それは、糖尿病であるとされています。

 

糖尿病と歯周病はお互いに極めて密接な関係を持っています。糖尿病が歯周病の二大危険因子である一方、歯周病も糖尿病の合併症として発症するケースが非常に多いのです。そのため、歯周病の方は歯周病を改善することが糖尿病の予防や改善につながりますし、逆もまた然りということになります。

 

以下では、糖尿病が歯周病に及ぼす影響、歯周病が糖尿病に及ぼす影響について説明していきます。

 

糖尿病が歯周病に及ぼす影響は、抵抗力の低下、代謝異常、唾液分泌の減少などが挙げられます。

 

抵抗力の低下は、歯周病にかかりやすくなるだけでなく身体全体を弱めてしまい、様々な疾病の原因となります。また、唾液の分泌が減少すると唾液のプラークを洗い流すという作用が正常に行われず、プラークが溜まりやすい体質を作ってしまいます。

 

歯周病が糖尿病に及ぼす影響には、歯周病菌によるインスリン生産の減少が知られています。

 

インスリンは、血糖値を低下させるホルモンであり、糖尿病患者はインスリンを投与しなければ生きていくことが困難であるケースも多くあります。糖尿病患者が歯周病に長い期間かかっていると、身体は血糖値の上昇を抑えるため、無理にインスリンを生産しようと試み、細胞が疲労状態となり、糖尿病をより悪化させてしまいます。そのため、糖尿病患者が歯周病を放置し続けることは、命に関わる重大な問題であると言えます。

 

このように歯周病と糖尿病は相互に作用し合いながら、症状を進行させていきますので、どちらか一方の対策・治療ではなく両方を並行して行う必要があります。また、状態にもよりますが一般的に糖尿病に比べ歯周病の方が改善の見込みが高いため、早期に歯周病の改善を図ることが、糖尿病の改善にもつながります。

 

 

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

perio