Back to top
歯周病のご相談

歯周病のご相談

Wisdom teeth consultation shika-tanaka.com

「自身が歯周病にかかっているか心配」、「歯周病が進行していないか不安」、「歯周病の適切な予防策や治療方法がわからない」など、歯周病で悩まれている方は、まず医師に相談することが重要です。

 

実は、成人した日本人の約8割の方が歯周病にかかっていると言われています。
しかし、歯周病は初期段階では、自覚症状が現れにくく気付かないまま、進行してしまうケースが非常に多いのです。
そのため、歯磨きの際、食事の際などちょっとした時に、歯に少しでも違和感を覚えたら医師への相談・診断を行う必要があります。

また、歯周病の治療を始めた後であっても、自身の日常生活や歯周病の症状を適宜、正確に医師に伝えることが重要となります。
歯周病は、個々人の歯の状態だけでなく、生活習慣やストレスなど様々なことが進度に影響を与えています。
例えば、生活スタイルに変化があった場合やそれまで無かった歯の異常を感じた際には、すぐに担当医に相談するようにしましょう。

 

現在は、インターネットを通じてメールやFAX、電話などを利用し歯周病について無料の
相談を受け付けている医院や有志の団体なども多くみられます。
もし、すぐに医院に来院することに抵抗を感じるという方は、まずこういった無料の相談が行える場を利用してみると良いでしょう。

 

歯周病は、放置しておくことが最も悪い選択であり、放置し続ければ必ず悪化・進行していきます。
相談を受けることで、正しい歯の磨き方や、歯周病の予防となる生活習慣など自身でも簡単に行える有益な情報を入手することができます。
そのため、一人で悩まず医師や団体に相談することが重要です。