Back to top
歯周病と口臭

歯周病と口臭

tあなたは口臭の原因として最も多いものが歯周病であることをご存知だったでしょうか?

口臭の原因は細菌であり、特に歯周病を引き起こす細菌が強い不快感を与える臭いを発生させているのです。

しかし、多くの歯周病の方は自身の口臭を自覚することはありません。

これは、自身が常にこの歯周病菌による臭いを感じているため、この臭いに対し嗅覚が麻痺してしまっていることが理由であると言われています。

そのため、口臭に悩み診断を受けた方は歯周病の治療が行われるケースが多々みられます。

歯周病さえ治療してしまえば、多くのケースで口臭も改善・予防することができるということになります。

基本的に治療方法は、歯周病の治療で行われるプラーク・コントロールやスケーリング・ルートプレーニングといったものになります。

プラーク・コントロールは最も基本となる歯周病治療です。

適切な方法に従い歯磨きを行い、通常の歯ブラシで清潔することができない箇所は、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使用し行うことで大半のプラークを除去・抑制することができます。

しかし、歯周病が進行している場合には、歯周ポケットが深すぎるため、自身で手入れが行えない場合もあります。

その場合は、医師からスケーリング・ルートプレーニングと呼ばれる、プラーク除去治療を受ける必要があります。

また、歯周病が一定程度進行してしまった患者は、口臭を完全に解消することは困難ですが、うがい薬を使用することで口臭を抑えることが可能です。

例えば、クロルヘキシジンやポピドンヨードと呼ばれる医薬殺菌薬の含まれたうがい薬などを使用することになります。

ただし、これらのうがい薬による口臭抑制は長時間持たないため、一日に数回使用する必要があります。

このように歯周病は口臭の原因ともなりますので、早期の発見・治療が非常に重要であると言えるでしょう。