Back to top

スマイルデンチャー(部分入れ歯)

スマイルデンチャーは、歯肉から床への移行部分がとても自然な部分入れ歯です。

弾力性があり薄くて軽いので、一目では部分入れ歯であると区別がつきにくいのが特徴です。

スマイルデンチャーの薄さは、おおよそ1.2mm~1.5mmほど。

その弾力性の秘密はナイロン樹脂で作られた「スーパーポリアミド」という材質で、弾力性に優れ、ひねってもねじっても割れない入れ歯なのです。

ひねってもねじっても元に戻る入れ歯は、とても画期的です。

また、バネ(止め金)を使わないので審美的にも優れています。

止め金もなく、曲がりやすいということからノンクラスプデンチャーやフレキシブルデンチャーとも呼ばれています。

スマイルデンチャーはピッタリとフィットしますので、従来の入れ歯に比べ痛みや違和感が起こりにくいという特徴も持っています。
 

スマイルデンチャーは従来の入れ歯の、約2分の1ほどの軽さで、落としても割れずに安心です。

床の部分は、ピンク色を使用しますが、床そのものを薄くできる為ピンク色が透き通り、歯肉から床への移行部分の調和が取れてとても自然です。

従来の部分入れ歯は、食べ物を噛む力もあまり高くはありませんがスマイルデンチャーは、キャラメルやお餅、ガムなどでも問題なく噛む事ができます。

床により歯の部分が覆われている為、食べ物が入れ歯の中に入り込んだり、挟まることが少ないです。

密着度も高く、柔らかさがありますので、歯肉をマッサージする効果や入れ歯が動いて、顎の骨がやせ細ってくる心配もありません。

 

スマイルデンチャーは、保険適応外で費用も歯科医院によって異なりますが正しい方法で、きちんとお手入れをしていれば、3年以上は問題なくご使用できる入れ歯です。