Back to top

部分入れ歯のメリット

部分入れ歯のメリットは、周囲の健康な歯を削ったりする必要がなく 必要な部分のみ治療ができます。

インプラントだと手術が必要になりますが 手術をする必要もありません。

比較的簡単に治療がうけられる為、治療に対しての時間も 非常に短く、治療を開始してから数週間ほどで部分入れ歯は出来上がります。

その時々で、お口の中に合わせる調整も可能です。

 

なんといっても、総入れ歯やインプラントなどに比べると「費用が安い」というところが部分入れ歯の一番のメリットではないでしょうか。

種類に違いはありますが健康保険を使えば、かなり安価で治療することができます。

部分入れ歯の場合、お口が変形して形が合わなくなったとしても部分入れ歯の調整や改造を行う事によって、その後も同様に使用する事ができますので総入れ歯などと比べると費用の負担も少なくなります。

また、差し歯やインプラントと違って取り外し可能ですので、お口の中を清潔に保つことができます。

 

総入れ歯の場合は、状況によっては健康な歯を抜くケースもあるのですが部分入れ歯の場合は、健康な歯を取り抜くような事にはなりません。

あくまでも歯のない部分だけが部分入れ歯になりますから、ご自分の健康な歯はきちんと残ります。

 

部分入れ歯のデメリットである「違和感」などが気になる場合でも専用の安定剤などを使用する事で、大体が改善されるようになっていますし以前とは違い時代の変化と共に、部分入れ歯の種類も豊富になっていますので目的や用途、予算などに合わせて、ご自分に合った部分入れ歯を選ぶことができるようになりました。

部分入れ歯のメリットは、治療時間もかからず、費用も安くおさえられますので

丁寧に使用していれば、とても満足のできるものだといえます。