Back to top

保険適用の部分入れ歯

部分入れ歯を支えるために、クラスプという金属のバネで、両隣の健康な歯に引っ掛ける必要があります。

分かりやすく例えると、プラスチックで作られた歯を固定させているのは「止め金=フック」になります。

金具を使用している事もあり、少々見た目が悪くなってしまいますが保険の部分入れ歯は、上記にあげているタイプの部分入れ歯しか作ることが出来ません。

保険で作ることのできる部分入れ歯は、健康な歯に引っ掛けるように装着します。

健康な歯で部分入れ歯を支える事になる為、健康な歯に負担をかけてしまったり食べ物を噛む力も天然の歯に比べると、かなり落ちてしまうというデメリットがあります。

 

 

費用は、一般的には5千円~1万円ほどでしょうか。保険内で済む事から比較的安価にはなります。

ご自身の歯の状態や歯科医院によっても費用は異なりますが、保険で部分入れ歯を作った場合は半年(6ヶ月間)は、保険で新たに部分入れ歯を作る事ができなくなりますので 保険の部分入れ歯を作られる際には、歯科医師とよくご相談される事をおすすめします。

何らかの理由で半年以内に部分入れ歯を作り直すことになった場合にも、保険外となりますので 注意して取り扱う必要もあります。

また、部分入れ歯は「作って終わり」ではなく、作った後にもメンテナンスが必要になってきます。

身体と同じように、お口の中や口周辺の筋肉は年齢と共に変化していくものです。

入れ歯ではない健康な歯の形なども少しずつ変化していきますので、作った部分入れ歯は調整や、修理など少しずつメンテナンスをしながら使い続ける事になります。