Back to top

部分入れ歯のアタッチメント義歯

スクラプ(止め金)ではなく、金具の代わりに、様々なアタッチメントを使用します。

精密な装置や吸い付く磁石などで義歯を支え、部分入れ歯と残っている歯のそれぞれに アタッチメント装置を取り付けることによって、噛む能力を高め、食べ物がしっかりと強く噛む事ができます。

特徴として目立たない入れ歯になります。アタッチメント義歯は、止め金を 残っている歯にかけないで装着する点が、一般的な部分入れ歯との大きな違いです。

 

 

一般的によくあるプラスチックの部分入れ歯は、金具だけで固定します。

ですが、金具だけでは不安定ですのでプラスチック部分を大きくして安定するようにできているのです。

プラスチック部分が大きいと違和感があり、発音や食事がしにくかったり 外れやすかったりしますが、アタッチメント義歯は、歯にしっかりと固定できるので 簡単に外れたりする心配がありません。

アタッチメント義歯には、さまざまな種類がありますので どのようなアタッチメント装置を使用するかによって、治療費も変わってきます。

 

 

アタッチメント義歯は、入れ歯を削るため、その部分が割れやすくなったり 費用が、保険適応外という事もあり若干高いというデメリットもありますが 逆に、クラスプ(止め金)が必要ないので、やはり見た目が良いのと 入れ歯が固定されるので、安定感に優れていますし、装着時の違和感が少なく 根っこしか残っていない歯を抜かずに利用できますので、噛み応えが良く しっかりと強く噛めることから、固い食べ物でも違和感なく美味しく食べられるというメリットもあります。

一般的な入れ歯だと、バネが見えたりして笑った時に気になるという方や 部分入れ歯を知られたくないという方にも、アタッチメント義歯は最適です。