Back to top

入れ歯(義歯)について

シリコン義歯(総入れ歯)

シリコン義歯とは、義歯床の一部がシリコンで出来ている入れ歯の事です。

柔らかいシリコンがクッションとなり、入れ歯が当たって痛いという事がありません。

歯ぐきに優しく、痛みが出にくいのが特徴で、通常の入れ歯では痛くて

食事が思うようにできない場合や、歯ぐきの弱い方に適しています。

 

シリコン義歯のシリコンは「生体用」のシリコンが使用されており、心臓外科や形成外科、

また、コンタクトなどにも使用されています。入れ歯のピンク色の部分(歯茎と直接触れる部分)に

生体用シリコンを使った義歯は、歯茎との密着性に優れていますので、硬い物が噛めるようになるのがメリットです。

また、装着した時に歯茎を圧迫しすぎないため、粘膜への刺激が軽減されることで

骨が、やせ細ってしまう原因となる骨吸収を防いでくれます。

 

さらにシリコンには弾力があり、通常の入れ歯に比べると顎の骨が痩せにくいというメリットもあります。

シリコンは通常使われるプラスチックの入れ歯とは違い、クッションのようにソフトですので

シリコン義歯に変えて、食事時のストレスが少なくなったというお声も多いです。

手術の必要もありませんし、身体に負担がかからないので、若い方からご老人の方まで幅広く使用できます。

装着時にカパカパしないので、総入れ歯の方にもおすすめです。

 

ピッタリとお口にフィットして外れませんし、痛みも感じられず、良く噛めるというメリットもありますが

シリコン義歯は、保険外治療ですので、費用が高く汚れが付きやすいというデメリットもあります。

また、毎日使い続けるものですので、比較的短期間で素材が劣化してしまいます。

高い密着性を持続させるためには、数年に一度、作り替える必要があります。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

入れ歯(義歯)について