Back to top

金属床義歯(総入れ歯)

義歯床が金属で薄く作られていますので保険の総入れ歯と比べると 違和感が少なく、会話のしやすい総入れ歯となっています。

通常の歯ぐきの部分がプラスチック(レジン)の総入れ歯とは違い、歯ぐきの部分に 精密な加工を行いやすい金属が使用されていますので、適合性がよく身体に優しいだけでなく、腐食による変色も起こしません。

また、金や白金の使用により美しい輝きが魅力的です。

 

 

金属の種類もいくつかあり、「金(白金加金)」は、強さがあり、入れ歯の寿命が長いわりには 歯や歯ぐきにも優しく金味がしません。

サビなどの変色もなく安心です。

「チタン」は、とても軽く身体に優しいため、近年ではよく使用されるようになりました。

どちらかというと上顎の入れ歯向きで、金属アレルギーの可能性が少なく 金属アレルギーの方でも、安心して装着できます。

「コバルトクロム」は歯科で使用される一般的な金属です。

とても固いため 薄く細く出来きあがり、ご自身にピッタリと合う総入れ歯が作れます。

 

金属床義歯は、前歯にバネ(止め金)がかかった場合でも目立ちにくく、見えにくいので 入れ歯であることが分かりにくい事と、金属は熱伝導性に優れていますので 食事をした時の熱が伝わりやすく、温度感覚が自然に近くなり美味しく食事を摂る事ができます。

汚れもつきにくく清潔さを保ちやすい金属床義歯は、ご自身の症状や希望に応じた設計ができ 丈夫で壊れにくく長持ちするという特徴がありますが、金属床義歯はメンテナンスも難しく 保険適応外の高価な入れ歯ですので、金属床義歯をご希望される際には

担当の歯科医師とよくご相談される事をおすすめします。