Back to top

インプラント総義歯

正式名は人工歯根といいますが、治療法も含め「インプラント」と呼ばれています。

人工の歯を顎に埋め込む治療方法が用いられたのはここ数十年の間で インプラント義歯は、失った部分の歯、1本からすべての歯を失った場合まで、広範囲な治療が可能で 具体的には、失った歯

部分の骨に数本のインプラントを埋め込み、土台にして固定します。

取り外しが可能なものから、固定されているものなど、多くの種類があります。

インプラント義歯の材料は生体親和性の高いチタンが、最も多く使用されていますが チタン以外にもセラミックスなどが使用されています。

 

現在の治療方法の中で、歯を根元の部分から修復できるのは、インプラント義歯しか無いため 第二の永久歯とも言われているほどです。

ブリッジとは違い、健康な周囲の歯を削らなくて良い事と入れ歯のように固定する止め金も必要なく、違和感や不安定さがありませんので、よりよい感覚が得られます。

さらに、噛んだ感覚も自分の歯と同じようになり、自然な噛み合わせができますし長期に渡って、しっかりと安定した状態を保つことができます。

 

ですが、インプラント義歯の治療は、どなたでも受けられるわけではなく 顎の骨の状態や、心臓病、糖尿病などの持病をお持ちの方、妊娠中の方などは受けられない場合があります。

また、インプラント義歯の治療は医療保険外となり、本数や種類などによって治療費用が異なるため 治療をお考えの方や、これからご希望される場合には、かかりつけの歯科医院に相談される事をお勧めします。