Back to top

入れ歯(義歯)について

総入れ歯のデメリット

総入れ歯は、歯ぐきの上に大きな台が付き、お口の中全体を覆うこととなりますので
異物感を感じる方も多くいらっしゃいます。総入れ歯のデメリットとして「違和感がある」
「外れやすい」「痛い」など、慣れるまではさまざまなデメリットがつきものです。
どんなに高度な技術で作られた総入れ歯でも、食べ物を噛む力というのは
歯がある時の、約半分程度くらいしか回復できないと言われています。
さらに、総入れ歯は食感や熱の感覚も鈍く、食べ物の味や温度を、ほとんど感じられなくなかったり
噛みづらい、食べカスが歯茎と入れ歯の間に入り込んで痛む、食事中や人と会話をしていると
入れ歯が外れるなど、食事時に総入れ歯へのストレスを感じる事が多いのが事実です。

 

また、大きなデメリットとして顎の骨や歯茎が徐々に痩せてしまい、短期間で
入れ歯が合わなくなることもあり、何度も入れ歯を作り変えなければいけないという事もあります。
顎の骨や歯茎が徐々に痩せる為、顔の輪郭が変わってしまうトラブルが多いのも事実です。
このような場合は、入れ歯安定剤を使用したり、入れ歯の調整を行う事で状態を和らげる事は
出来るのですが、あまりにも酷い状態ですと精密な入れ歯を作りな直さなくてはいけません。
保険対象の総入れ歯だと比較的安価に作れるというメリットはありますが
保険適応外で作る総入れ歯は、かかる費用も高額で出来上がるまでに時間もかかります。

 

総入れ歯は汚れが付きやすく臭いもつきやすいので、しっかりとお手入れをする必要がありますし
材質は歯科用のプラスチック(レジン)ですので、強度を保持するために厚みが出てしまい
違和感が強くなったりします。
長期間使用すると変色し、壊れやすいなど、総入れ歯のデメリットはさまざまです。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

入れ歯(義歯)について