Back to top

総入れ歯のアタッチメント義歯

アタッチメント義歯とは、土台となる歯根に金属を埋め込み、入れ歯にO型のゴムを取り付けガタつきやグラつきをなくしたアタッチメント式の総入れ歯です。

少ない本数でも十分な固定力があり、噛む能力を高め、食べ物がしっかりと強く噛む事ができ特徴として、目立たない審美的な総入れ歯になります。

アタッチメント義歯自体に種類があるのですが主に使用されているのは、残っている歯や入れ歯に磁石をくっつける技法の磁性アタッチメント義歯が有名です。

マグネットアタッチメントとも呼ばれています。

一般的な総入れ歯はプラスチック部分が大きい為違和感があり、発音や食事がしにくかったり、外れやすかったりしますがアタッチメント義歯は、磁石の力で歯にしっかりと固定できますので

お口の中でガタガタする事もありませんし、簡単に外れる心配がなく、抜群の固定感を得る事ができるのです。

 

 

見た目が重視されているアタッチメント義歯は、保険適応外という事もあり若干高いというデメリットはありますが、特に見た目を気にされる、お若い方には「目立たない」というメリットがあるため費用の問題や、さまざまな理由でインプラントが難しい方は、アタッチメント義歯をご希望される方も多いほどです。

アタッチメント義歯は自然な見た目で口元も気になりません。

見た目の問題は、かなり大きな進歩とも言えます。

 

 

アタッチメント義歯には、さまざまな種類がありますのでどのようなアタッチメント装置を使用するかによって、治療費も変わってきます。

しっかりと強く噛めることから、固い食べ物でも違和感なく美味しく食べられるというメリットもあり入れ歯だという事を知られたくないという方には、アタッチメント義歯は最適です。