Back to top

口臭について

口臭の自臭症

a little girl smelling a big red rose
口臭を気にしている人や、悩んでいる人の中には、自臭症と呼ばれる人がいます。
一般の方には「自臭症」という名前は聞きなれない言葉だと思いますが、この自臭症の人は口臭に対して悩んでいます。
口臭で悩むといっても、実際には口臭が匂わないのにも関わらず、口臭で悩んでいる症状です。

本当に口臭がひどい場合には、虫歯や歯槽膿漏など何らかの原因があります。
この場合、必要な治療をすれば、臭いは改善されます。

しかし、自臭症の場合には、根本的な臭いの原因はありません。
その為、臭いの元となる要因に対して治療を行うのではなく、臭いがあると思い込んでしまっている心理的な部分に対し、改善するように働きかけていきます。

なんとなく口臭を気にする人は多いものですが、自臭症の場合は、ひどい口臭だと感じて深刻に悩んでしまっているので、社会生活に支障をきたす場合もあります。

人を避けたり、できる限り話さないようにしたり、公共の場を避けるようになってしまう人もいます。
また学校や仕事に行けなくなってしまう程、社会生活にも支障をきたす場合があります。

一度口臭を指摘された事がきっかけとなり、その後も自分の口臭がひどいと思い続けているので、実際に強い臭いが無いと自覚する事ができれば、安心して徐々に改善される傾向にあります。

起床時や空腹時、また緊張などストレスを感じた時などは、自然に唾液の量が減るので、誰でも口臭を感じやすいものです。
強いストレスは唾液の量を減らしてしまう事になり、自臭症の人には更にマイナスの影響を与えてしまいます。
自分の口臭が気になる場合は、長い間気にしたり、思い悩んでしまう前に、早めに歯科医や口腔科で一度相談してみましょう。

医療法人社団歯科タナカの他医院情報


4dentalclinicshika


4dentalclinicshibuya


4dentalclinickugayama


4dentalclinicbottombanner

about ceramic