Back to top

口臭と全身的な病気の関係

Young boy outside口臭には、いくつかの原因が考えられます。

大きく分けると一時的なものと、慢性的なものがあります。

まず、一時的なものは生理的口臭と呼ばれます。

例えば、臭いの強い食べ物を食べた時に、一時的に口の中から口臭がするような場合には、一時的口臭として分類されます。

代表的な食べ物としては、ニンニクやニラ、ネギなどがあります。

飲み物ではアルコールやコーヒーなどが、臭いが強い食べ物と同じように口臭の原因になります。

食べ物や飲み物以外では、喫煙も口臭の原因となるので、口臭が気になる方は喫煙を控えるなど工夫をすると良いでしょう。

 

また慢性的な病的口臭と呼ばれるものがあります。

この病的口臭の場合は、口臭の原因となる要因が身体にあります。

例えば、口の中の歯学的問題が原因となる場合があります。

この場合、虫歯や歯槽膿漏などが考えられます。

また舌の部分にある舌苔で雑菌が繁殖し、口臭になっている場合もあります。

病的口臭の場合には、歯学的問題を治療すると口臭も改善されます。

 

一方、身体の中の内臓等から臭いを放っている場合には、歯学的問題を治療しても口臭の改善にはなりません。

このような場合は、内科や耳鼻咽喉科にて正しい診察が必要です。

例えば、慢性鼻炎や蓄膿症などは、鼻から吸う空気の臭いによって自分自身でも気づく事があります。

なんとなく鼻の中がいつも臭いような感覚がある場合には、鼻炎など鼻の病気が口臭の原因となっている可能性があります。

また消化器官と呼ばれる胃なども病的口臭の原因となる場合があるので、注意が必要です。

この他には、糖尿病や肝炎等も口臭として影響を与えます。

慢性的に口臭が気になる場合には、身体の中の異常や、病気の進行を表している時もあるので、早めに診察を受けるようにしましょう。